読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

vs. おすすめ

おすすめブログのカウンターとして始めたはずが、気がつけば薄っぺらなブログ

本当にサイゼリヤは本国のイタリアンと全然違うのか

日常 雑文
 

とあるアルファのつぶやき 

 随分前になるけれどアルファツイッタラーがこんなことをつぶやいた。

 

 サイゼリアをイタリアンだと思い込んでる人かわいそう。

 サイゼリアは美味しいけど本国とは全然違う。

 

  ここで言われている「サイゼリア」とはおそらく「ミラノ風ドリア」などのイタリア風のメニューを提供することで有名な「サイゼリヤ」のことだと思われる。いや、些細な間違いなので、その点はどうでもいい。

サイゼリヤと本場のイタリアン

 「サイゼリヤ」は本当に本場のイタリアンと全然違うのか。気になったのでこの点について考えてみたいと思った。

 けれど、いきなり私は二つの点で挫折した。

 一つ目の挫折。そもそも私は「サイゼリヤ」に行ったことがない。サイゼリヤは大雑把に分類するとイタリアン風ファミレス。私のようなダメな人間とファミレスの相性の悪さはおそらく一般的な生活を営んでいる皆様にはわかりようがない。とにかくファミレスはアウェイそのもの。あそこにはいわゆるリア充とカテゴライズされる人々が大挙して渦巻いている。つまりは戦場だ。戦場であるがゆえに、いつ流れ弾が跳んでくるのかわからない。そんなところに気安くいけるか。もし人間を2種類にカテゴライズするとするならば、気安くファミレスにいける人間と、そうでない人間にわけることになる。私はもちろん後者だ。家族連れでもなく、学生でもなく、お昼時に単身でファミレスに切り込めるサラリーマンでもない。ダメ人間の行くべきところではない、それがファミレスという名の戦場なんだ。

 二つ目の挫折は、本場のイタリアンを食べたことがない。イタリアという場所に出かけたことがない。いや私だってまともと呼べそうなイタリア料理のフルコースぐらいは食べたことがある。けれどそれはすべて名古屋の話だしシェフはおそらくは日本人だ。それを本場のイタリアンと呼んでよいのかどうかなんてわからない。イタリア人からしたら、日本人がイタリアンを作るとか寝言か何か?と思っているかもしれない。だってそうだろう? じゃあ、あなたは☓☓人(スペイン人でもセネガル人でも好きな外国人をいれてください)の握る寿司を正当な寿司と認められるのか?ってことですよ。そういった寿司をどこか色物と考えてやしないかってことですよ。それと同じで本場のイタリア人からしたら「日本人のシェフ?」などと思われている可能性だってあるわけじゃない。

 だいたいイタリアに住むイタリア人は日本人が思い描くようなイタリア料理など食べずに「新潟名物イタリア風焼きそば」的なものを食べている可能性だって考えられる。行ってもいないところで何が行われているかなんてわかりやしない。

 

 そうやって考えると、くだんのアルファツイッタラーのつぶやきは大変正しい。本場の平均的なイタリア人がもし「イタリア風焼きそば」的なものを普通に食べているとするならば、サイゼリヤと本場のイタリアンは全然違うものということになる。小粋なイタリアの伊達男たちがカッコよくエスプレッソを飲んでいるという想像は、本場のイタリアンなどというものを知らない私の妄想なのかもしれない。

 いや違う、そもそも私はサイゼリヤにすら行ったことがないのだから、その比較すら出来ない。世界は私の想像よりもはるかに広く、広大だ。

 

 

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...