読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

vs. おすすめ

おすすめブログのカウンターとして始めたはずが、気がつけば薄っぺらなブログ

福満しげゆきの「就職難!! ゾンビ取りガール」2巻の在庫切れはいつまで続くのか?

 

 この文章は一言で言ってしまえば電子書籍に対応できないおっさんの愚痴そのものでしかない。

 

 私が以前漫画について書いたのは2014年の9月のことだろうか。

 あの時に取り上げた「就職難!!ゾンビ取りガール」は記事を書いたちょうど前日に2巻が発売されている。「まあ、どうせいつでも買えるだろう」という理由で私は発売日直後にこの福満しげゆきの漫画の新刊をすぐさま買わなかった。これが大失敗だった。そう、僕の小規模な失敗そのものだった。

 10月に入ってから私は地元のそこそこ品揃えの良い書店に出かけてゾンビ取りガールの2巻を探し求めた。その書店ではゾンビ取りガールの2巻は品切れだった。仕方がないので翌日以降会社から家に帰るルート上にある書店を大小問わずすべてまわった。もちろんamazonの在庫もチェックした。不思議なことにゾンビ取りガール2巻の在庫はどのリアル書店にも、地上最大の書店にもなかった。(正しくはマーケットプレイスでは定価以上の価格で売ってはいた)

 私の感覚では福満しげゆきというある程度の知名度を持った漫画家の、しかも週刊モーニングに連載されていた作品のコミックスであれば普通の書店であれば少なくとも一冊は入荷すると考えていたし、逆にすべての書店であっさり売り切れるほどに人気のある作品とも思えなかった。けれど、とにかく売っていないことは事実に間違いはなかった。ただ作者が無名というわけでもないので、ほどなくすれば重版されるものと思っていた。それが10月末くらいのことだろうか。

 

 私はかなり長い期間週刊モーニングを買っていた。けれど「就職難!!ゾンビ取りガール」が始まってほどなくして週刊モーニングを買うのをやめてしまった。その理由は今となっては思い出せないし、たいした理由ではなかったはずだけれど、そしてそれはゾンビ取りガールにはいっさい関係がないけれど、とにかく私は福満しげゆきのこの連載漫画の行方を知らないまま今にいたる。ゾンビ取りガールが2巻で完結しているのか、それとも何らかの理由で連載が中断しているのかもよくわからない。なのでこの物語の続きを読みたくて仕方ない気持ちでいる。

 そんなことを考えて待っていたらいつの間にか年が明けてしまった。

 

 いつまでたってもアマゾンに「就職難!!ゾンビ取りガール2巻」は入荷することなく、リアルな書店の店頭にもこの漫画の2巻は並ばなかった。そして年が明けるどころかすでに2月となっている。

 

 アマゾンの「就職難!!ゾンビ取りガール 2巻」の販売ページを見ていただけるとわかるが2015年2月17日となった今でもマーケットプレイスでは1000円を越えた価格でこの漫画は売られている。ある種のプレミアだ。

 私がいくらこの物語の続きを読みたいと思っても残念ながら適正と思える価格以上の金額はだしたくはない。そんな私の気持ちを見透かしてか、アマゾンはもうひとつの選択肢を突きつけてくる。それはKindle版。

 私はKindleリーダーそのものを持ちあわせてはいないが、App StoreKindleアプリをダウンロードした上で電子書籍を購入すればiPhoneiPadでもKindleで買った電子書籍を読むことは出来る。

 けれど、それはしたくない。

 

 私も過去にKindleではないけれどiPhoneでいくつかの電子書籍を購入し、読んだことがある。一つは綿矢りさの「勝手にふるえてろ」。それからホリエモンの「拝金」。なんだか恥ずかしい読書歴大公開みたいになっているが、そんなことはない。この二冊は良書の部類だと思う。それからiPadで「マンガボックス」を読むこともけっこう好きだ。電子書籍そのものに抵抗があるわけではない。

 けれど「就職難!!ゾンビ取りガール 2巻」は絶対にKindleなどの電子書籍で読みたくない。

 

 知り合いに進撃の巨人電子書籍でずっと読んでいる人がいる。私はその人に尋ねた。「何故、あなたは進撃の巨人電子書籍で読むのか?」と。

 その時その人はこう答えた。「進撃の巨人はそもそも1巻が電子書籍で無料だったから読み始めた。2巻以降も電子書籍で揃えたから、もう今さら進撃の巨人電子書籍以外では買えない」

 

  逆の立場だけれども私も同じ気持ちだ。「就職難!!ゾンビ取りガール 1巻」を私は書店で、紙のコミックスを買っているわけで、今更2巻が売っていないからという理由で電子データで買うとかチグハグすぎてできない。1巻は紙、2巻は電子書籍という状態は、美意識の問題とかそんなんじゃなく、背中に毛虫を入れられた時のような気持ちの悪さがある。そんなことを思っている。

 

 おそらくここまで福満しげゆきの就職難!!ゾンビ取りガール 2巻」が増刷されない理由は、何らかの問題がどこかに発生しているのだと思う。

 もしかしたら、この漫画の出版社である講談社は「Kindle版があるんだから、それで読めばいいじゃないか」とか気楽に考えているのかもしれないけれど、私には私なりの些細な事情、つまりは2巻から急にKindle版を読むなんて気分的に出来ないという理由により電子書籍にスイッチできずにいる。なのでどんな事情かはわからないけれど、それが解消されて、できるだけ早く「就職難!!ゾンビ取りガール 2巻」が重版されて、書店なり、アマゾンなりに紙のコミックが並ぶと嬉しい。

 

  ところで、どうでも良い情報としては「就職難!!ゾンビ取りガール」の1巻の巻末には福満しげゆきのゾンビに対する熱い愛情あふれる文章がのっている。あれは全福満しげゆきファンと全ゾンビファンは必読なものなので、まだ読んでいない方は是非読んでいただきたい。

 

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...